ジョニー・ブラボー
うぬぼれ屋、ジョニーのやかましい活躍を描いた、シュールなギャク作品!

自分は、エルビス・プレスリーのような語り、ジェームス・ディーンにうりふたつのルックス、世界中のいい男をかき集めて足して割ったようないい男だ、と思い込んでいるジョニー・ブラボー。
エルビス・プレスリーのような語り、ジェームス・ディーンにうりふたつのルックス、世界中のいい男をかき集めて足して割ったようないい男、それがジョニー・ブラボー!!
その特徴的な逆三角形の鍛えぬかれた体、彼の自由奔放さの象徴であるカラテチョップ、そのスタイルに、ルックスに、彼のすべてに、世の女性達はもうメロメロ…のはずなのですが、世の中そう甘くない!?

女性を追いかけてはいつもみごとに振られてばかり。自分のことを最高にイケてると信じて疑わないがために、失敗しても振られてもすぐ懲りずに次の女性へアタックし続ける日々。振られることは悲しきこと…でもジョニーだとそれが笑いになってしまうのです。

スポンサードリンク