山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

今回ミュージカルっぽいんですよ。本編にあまり出ないキャラクターもたくさん出て。そしてどんどん回を追うごとに高木くんの・・・。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

私の負担が大きくなっていく(笑)かなりダフィーは歌ってますね。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

アメリカ人って、歌とかショーが好きなんだなって感じますね。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

そうそう、根本的に作り方が全然ちがいますね。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

ショーとコメディに徹して、涙はいらない。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

ほんとに、そんな感じですね。そういうのを作らせたら抜群にうまい!

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

歌でキャラクターの特徴も出してる。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

そう、僕メキシカンソングっぽいもん。“巻き舌”で デュリリイ~~ヤ~。

もちろんしましたよ!大変なんですから(笑)

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

台本をもらった時点で、「今回歌があるな」とまず心構えをしますね。
で、譜面をにらめっこして・・・僕はキーボードを使って覚える感じですね。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

僕も同じ感じですね。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

日本語歌のガイドもあるんだよね。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

僕は譜面が読めないので、歌詞を打ち直して、記号を付けるんですよ。

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

自分なりの記号があるんだよね。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

あ~、連符ならこれ、みたいな。人の台本や譜面て面白いですよね。あれなんのマーク!?みたいなのもあってそれぞれで。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

僕、誰か台本で「たらこ」って書いてあって、なんだと思ったら3連符を「たらこ」って。

あ~~~(笑)

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

音楽のクオリティが高いですね。非常に高い。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

決してつなぎではない。歌の部分だけ集めて30分観ても、相当楽しいと思いますよ。でもやっぱり、話の内容が面白いですね。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

大人っぽいよね。やっぱり。

うん、大人っぽい。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

今、日本の作品ではこういうのないよね。作れなくなってるのかな。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

物語の基本は日常生活なんです。そこにおかしなキャラがいて、キャラが日常生活を送っているだけなんだけど、それが面白い。エピソード一つ一つがよくできて面白い。
日本のアニメーションは設定が変わってるんですよ。「変身もの」だったり、「戦いもの」だったり、日常生活を描く事は少ないんです。
「ルーニー~」は日常生活なのに、すごくブッ飛んでる感じが出せているのが魅力だよね。

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

そう、まさにヒューマンドラマですよ。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

「うさぎ」ってあだ名の人がいるみたいな感じ。動物の特徴も性格に加味されてるのが面白いよね。
ポーキーはそれが分かりやすくて、ちょっとのろまなブタさんだけど、優しくて・・・可愛くて、だまされやすくて・・・キャラクターづくりが面白い。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

そうそう。

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

そうなんだよ。だから俺はダフィーの理論がもう・・・。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

ダフィー理論はすごいよね。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

口じゃ負けないですからね。

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

ごめんが言えないヤツだよね。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

「ごめんなソイ!」とか言いますからね(笑)
「ごめんくさい」とかね。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

うさぎはずっと口を動かしてるしね。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

そうそう(笑)

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

独特ですよね。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

最初にオーディションを受けるにあたって、マニュアルのようなものがあったんです。キャラクターの性格や喋り方が独特なので。
たとえばバッグスだと「ざじずぜぞ」が「だでぃでゅでど」になる「にんじん」が「にんでぃん」になったり。あと、なぜか顔の片側をつかって喋りなさい、という指定があるんですね。でも、あんまり変わんないときは)こっそり普通にやってたりすることもある(笑)

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

変わんない時は大丈夫(笑)

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

一番、大変なのはやっぱりダフィー。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

ダフィー・ダックの場合は、絵でもそうなんですが、よく舌をだして喋ってるんですよね。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

英語の「TH」の発音だよね。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

日本語になおした時には「さしすせそ」。それを「舌を横にだして」音を出すという・・・。
シルベスターもそういうのがあるんですよ。「舌を前にだす」という指定があるんです。
ただ、僕も(山口さんと同じく)見えてないとこでは前に出してますけど(笑)
ダフィーの「さしすせそ」は絵でもとても分かりやすいんです。だからとても気は遣いますね。
翻訳も絵に合わせてとてもうまく作られています。
でも、みなさんそれぞれ大変な部分がありますよね。ポーキーなんかも・・・。

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

ポーキーの場合は言いよどむというか・・・。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

そうそう。

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

俺は楽なんだよ。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

そうなんですか?大変そうかなと・・・。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

言いよどんだままNGになって戻って来れなくなるという・・・(笑)

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

そうそう(笑)あわわわ・・・って。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

スピーディ・ゴンザレスはメキシカンな感じ。「なんとかだ~よ~」って言ってるうちに、なんだか東北なまりみたいになっちゃう(笑)

(笑)

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

聞いてる方に分かるように、標準語で話して、ほかの部分でメキシカンな感じを出すのは難しいところですね。ほかの方もそれぞれ面白いですよ。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

英語版だとバッグスとダフィーは同じ方が声を担当していたりするから、極端に特徴をつけてるのかもしれませんね。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

楽しいですよ!ゲラゲラ笑いながらやってますよ(笑)
なんだろう、もうダフィーが可愛いなぁと・・・。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

メインキャストがベテランの方が占めているので、安定感はありますよね。新人の方がいらしたときは緊張されているのを感じますね(笑)。あと、それぞれがアドリブを言ったり・・・。

龍田さんですよ!違うキャラクターのポーキーが見られます(笑)

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

キャラクターに安定感があること。長く愛され続けているので、キャラクターの性格、見た目を含め視聴者の方は分かっていると思うし、そのキャラクターすべてが愛されていると思うんです。
僕らは、声を入れる側ですが、そのキャラクターから声が出ているということは本当に声優冥利に尽きるな、と思いますね。

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

例えば、結構きわどい設定があっても、あくまでもポジティブな表現で、カラッとすることで笑い飛ばせるような演出かな。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

ウィット、ユーモアがあるっていうことだよね。だから子供から大人までが観て楽しめる!舞台がカリフォルニアっていうのも、そういう部分を描くのにいいのかなと思いますね。ニューヨークなら都会的すぎてこうはいかないよね。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

そうですね(笑)

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

やったりやられたり。

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

どんなことがあっても、次の日けろっとしてる。

龍田直樹さん(声の担当:ポーキー・ピッグ)

立ち直り早いよね。

三ツ矢雄二さん(声の担当:スピーディー・ゴンザレス)

みんな、B型だと思う!!アメリカの人はB型多いらしいし!

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

なら、僕B型だから合ってるんですね、きっと(笑)

山口勝平さん(声の担当:バッグス・バニー)

家族揃って観られて、エンターテイメントって本当にいいですよ、と言える番組です。ぜひ観てください!

高木渉さん(声の担当:ダフィー・ダック)

この濃い中身を、存分に楽しんで観てください。そして、また昔の「バッグス・バニー・ショー」シリーズも見ていただけると嬉しいです。そして、シリーズがどんどん続くように、応援してください!!

5月23日生まれ
主な作品は、「らんま1/2」早乙女乱馬役、「ONE PIECE」ウソップ役、「犬夜叉」犬夜叉役など。

7月25日生まれ
主な作品は、「名探偵コナン」高木刑事役、「ゲゲゲの鬼太郎(第5作)」ねずみ男役、「連続人形活劇 新・三銃士」ポルトス役など。

9月8日生まれ
主な作品は、「釣りバカ日誌」佐々木和男役、「ガンダムSEED」デュエイン・ハルバートン役、「スクービー&スクラッピードゥー」スクラッピードゥー役など。

10月18日
主な作品は、「タッチ」上杉達也役、「キテレツ大百科」トンガリ役、「フルハウス」スティーブ役など。

スポンサードリンク

ADVERTISEMENT

スポンサードリンク