• 今月のおすすめ
  • 来月のおすすめ
  • テーマ
  • ゾーン
  • 50音順
  • キャラクター
  • 番組紹介
  • 放送スケジュール
  • キャラクター
  • インフォメーション
  • 視聴方法

スポンサードリンク

オーバー・ザ・ガーデンウォール(15分フォーマット)

オーバー・ザ・ガーデンウォール(15分フォーマット)

毎週土・日 23:30~

2014年11月に本国アメリカで放送後圧倒的な反響を呼び、第67回エミー賞アニメーション部門を受賞した話題作です。アメリカの民話や迷信、お化けの話、クラシックアニメ、20世紀初期の音楽などにインスパイアされ作られた現代の童話のようなストーリーが魅力のカートゥーン ネットワーク初のオリジナル ミニシリーズをノーカット版で日本初放送!長編版では見られなかったシーン、エピソードも登場し、全10話の編成でお届けいたします。

少し気弱で優しい兄・ワートと、無邪気な弟・グレッグが知らずに迷い込んだ「名もなき森」で繰り広げる奇妙な冒険を、ビクトリア朝の絵葉書を思わせるような繊細な美術と、20世紀初期の音楽が彩り描きます。

主人公・ワートの声は英語版にイライジャ・ウッド、木こり役にクリストファー・ロイド、兄弟を導く青い鳥にはメラニー・リンスキーなどハリウッドの豪華キャストが勢ぞろい。また日本語吹替えも、浪川大輔、菊池こころ、沢城みゆきなど、人気声優陣が担当しており、彼らが魅せる表情や世界観も注目です。

さらに劇中登場する多くの楽曲パートも見所のひとつ。監督はカートゥーンの人気シリーズ「アドベンチャー・タイム」のクリエイティブ・ディレクターであるパトリック・マクヘイルが担当しています。

【声の出演(日本語吹替え)】
ワート: イライジャ・ウッド (浪川大輔)
グレッグ : コリン・ディーン (菊池こころ)
ベアトリス: メラニー・リンスキー (沢城みゆき)
木こり: クリストファー・ロイド (浦山迅)
【スタッフ】
監督:パトリック・マクヘイル
【あらすじ】
知らないうちに霧が立ち込める森に迷い込んだ少年ワートと弟のグレッグ。謎に包まれたその場所は「名もなき森」。森で出会った木こりの話によれば、この森には恐ろしいビーストがさまよっているという。森の中でグレッグに助けられた青い鳥のベアトリスは、恩返しのためにふたりの手助けを申し出る。ベアトリスの案内でたどるふたりの帰りみちを探す旅で、不思議な住民たちと出会い・・・。やがてずっと忘れ去られていた名もなき物語が解き明かされていく。

【インタビュー】
主人公ワートを演じた浪川大輔さんのインタビューはこちら

キャラクター

ワート

ワート (声の出演:浪川大輔)
どこか頼りなげで、ちょっぴりセンチな高校生。幼い弟を連れて無事に家にたどり着こうと懸命に家路を探すが、物事がうまくいかないと、すぐ周りのせいにしてしまいがち。一見、自分の意思がなく、何でも人の言いなりになりそうな性格かと思いきや、実は頑固でヒーロー的な一面も。
本当は詩とクラリネット演奏が好きなのだが、友達にからかわれることを恐れ、言えないでいる。

グレッグ

グレッグ (声の出演:菊池こころ)
エネルギッシュで遊び心に満ちた無邪気な男の子。ポジティブすぎるがゆえ、自分がキケンに巻き込まれていることに気づかないことが多い。楽しいこと、面白いことしか目に入らない、とことん怖いもの知らずな性格。いつもカエルを連れて歩いている。

ベアトリス

ベアトリス (声の出演:沢城みゆき)
人間の言葉を話す青い鳥。迷子のワートとグレッグが家に帰る手助けをする。しっかり者で、少しせっかちなベアトリスは、兄弟の無計画さにイライラしてトゲのある態度をとることもあるが、優しい心を持っている。
ワートとグレッグが浮世離れした性格であるのに対して、ベアトリスは冷静な現実主義者だ。

木こり

木こり (声の出演:浦山迅)
木こりは果たして敵なのか味方なのか?
名もなき森で、不気味なエーデルウッドの木の枝を絞り、ランタンの火を灯し続けるためのオイルを作っている。
それは彼が一生背負っていく重荷だと言うが…。

ビースト

ビースト (声の出演:ひのあらた)
ビーストは、悲しみの歌を口ずさみながら、名もなき森で迷える者をさがしているという。闇夜のように忍び寄る謎の存在、その正体とは…?

インフォメーション

TM & © 2016 Cartoon Network.

スポンサードリンク

ADVERTISEMENT

スポンサードリンク